新しいムシ歯治療法「ドッグベストセメント」

のざき歯科のムシ歯治療基本方針は
「ムシ歯菌をしっかり除去する。」
「できるだけ歯を削らない。」
「できるだけ歯の神経を残す。」
「できるだけ痛みを少なく。」です。
特に歯の寿命を延ばすため、歯の神経を残すことを重要視しています。

ドッグベストセメントはこの方針にピッタリの新しいムシ歯治療法です

すべてのムシ歯治療に適応するわけではありませんが、 今まで歯の神経を抜かなければならなかったようなケースでも、 この治療法により歯の神経を残せる可能性が高くなりました。

ドッグベストセメントのメリット

ドッグベストセメントのメリットは、セメントそのものに殺菌する力があることです。
今までのセメントには殺菌力はありませんでした。
また、従来歯の中に詰めていた薬の効き目はごく短時間しかありませんでした。
ドッグベストセメントの殺菌力は半永久的です。

殺菌作用を持っているおかげで、投与した周囲のムシ歯菌を殺菌します。 投与した周囲のムシ歯を完全にとる必要がありませんので、 歯を削る量も少なくて済みます。
一般的な治療法では、痛みがなくとも、除菌のためにムシ歯自体を取りきってしまうと、 同時に神経に達する穴があいてしまい、仕方なく神経を取ることがありましたが、 ドッグベストセメントで治療をすると、神経を取り去るケースが少なくなります。 加えて、殺菌作用によるムシ歯再発予防の効果も期待できます。

こんな症状の時ドッグベストセメントをおすすめします。

どのようなムシ歯でもドッグベストセメントの適応症例になるわけではありません。のざき歯科クリニックでは次のような場合にドッグベストセメントによる治療をおすすめしています。

レントゲンである程度の大きさのムシ歯が確認されている。
しかし、症状が出ていない程度のムシ歯。

*ごく小さなムシ歯は適応症とはなりません。*激しく痛むムシ歯の場合は使用できるケースと使用できないケースがあります。また、そのような場合使用しても歯の神経を取らざるを得ないケースもあり得ます。

ドッグベストセメントとは

ドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分とし、それ自体が殺菌する力、固める力を持った治療用の素材です。

ドッグベストセメント治療の流れ

手順は一般的なムシ歯の治療とほぼ同じです。異なるのは、削る量が少ないことです。
*歯を削る量が少ないので、本当に歯が殺菌され、進行していないかどうかの経過観察が必要です。
*処置後6カ月~12カ月ムシ歯の状況により、受診回数、最終的な詰め物(場合によってはかぶせもの)は違ってきます。
担当医にご確認ください。

費用

歯1本について \5,000(税別)

*残念ながらドッグベストセメントは健康保険適用の治療法ではありません。
*ドッグベストセメントの処置後、詰め物被せ物などの処置が必要です。その費用は別途となります。

詳細は、担当医にご確認ください。