ムシ歯治療

基本方針1 ムシ歯菌をしっかり除去する

ムシ歯は感染症です。 つまりばい菌によって起こる病気です。 削る必要のあるムシ歯の場合、菌をしっかり退治し、病巣を丁寧に除去します。

基本方針2 できる限り歯を削らない

のざき歯科クリニックでは、最新のムシ歯治療理論に基づき、病巣を除去するさい(削る時) できる限り削る量が少なくて済むように治療を進めています。 *削らなくてもよい、初期ムシ歯についてはこちらから⇒

ウ蝕検知液を使用

この薬品をムシ歯につけるとばい菌に侵された部分がピンクに染まります。 染まった部分だけを丁寧に慎重に削ります。

 

 

ムシ歯診断装置「ダイアグノデント」を使用。

ダイアグノデントはレーザー光線を使用したムシ歯診断装置です。 通常目で見る、レントゲン撮影、探針で触るなどの方法でムシ歯かどうかを判断します。 この機械を使用すると、ムシ歯の程度が数値で表示されますので、より正確なムシ歯の診断が可能です。

 

基本方針3 できる限り神経を残す方向で治療を進めます。

神経を取り去ってしまった歯は、枯れ木と同じ。とてももろくなってしまいます。 自分の歯がいちばん。できる限り長く歯を持たせるために、できるだけ神経を残す方向で治療をすすめます。

基本方針4 再発予防のため健診メインテナンスに力を入れています。

ムシ歯は生活習慣病であるともいえます。

歯磨きの方法、食事の取り方など生活習慣が変わらなければ、ムシ歯が再発する可能性は高いと考えられます。

歯磨きの方法の指導もしっかり行いますが、歯磨きだけではムシ歯の原因となるばい菌を完全に取り去ることはできません。
ムシ歯が再発しないよう、プロによる歯の清掃を中心とした定期的な健診をおすすめします。

のざき歯科クリニックの検診メニュー

フッ化物塗布。
PMTC(歯科衛生士による歯の清掃)
など一人一人の患者さんの状況に応じた予防処置を行います。

ムシ歯の程度と治療について

  • ごく小さなムシ歯

    歯の表面がもろくなってしまっている状態です。 ほんの少し歯の表面の色が変わる程度です。
    穴が開いているわけではありませんが、ムシ歯になる一歩手前の状態です。
    健診などで、(シーオー)と呼ばれる状態で,症状はほとんどありません。 健診以外で気づくことはごくまれです。 この段階では再石灰化により歯が元の状態にもどる可能性があります。

    しかし,、ほっておいては良いわけではありません。
    日常の正しいブラッシングと、歯科医院での定期的な観察が
    不可欠です。 歯を削らなくてすむフッ素塗布やレーザー治療などの処置を行います。 キシリトールのガムなどをかむこともよい方法です。

    小さなムシ歯 C1

    歯の表面やみぞが、灰白色や黄褐色、黒褐色に変化します。歯の表面の硬い部分(エナメル質)に小さな穴があく。 痛みを感じないことが多いようです。この段階でも再石灰化により歯が元の状態にもどる場合があります。 ムシ歯の大きさにより歯を少し削ってばい菌を完全に除去し、プラスチック系の詰め物をすることになります。 ほかに異常がなければ、一回の通院ですみます。 その後、期間をあけて経過観察をすることになります。

     

    象牙質に達してしまったムシ歯 C2

    穴の中にも細菌が入り込み、ムシ歯は内部へ。象牙質に達すると、甘いものや冷たいものを食べたときに痛むことがあります。 (痛みのないことも多いので要注意) 穴のあいた部分が自然にもとに戻るということはありません。 歯を削って、ばい菌を完全に除去し、削った部分にプラスチックや金属などの詰め物をし、形や機能を回復させる必要があります。

  • 歯の神経まで影響するムシ歯 C3

    さらにムシ歯が進み、歯の神経(歯髄)まで影響が及んだムシ歯です。 ムシ歯の穴は大きくなり、 はげしい痛みが出ることもあります。 神経を取り除いて、歯の根っこの内部まできれいに 掃除をする治療(根管治療)が必要になります。 根っこの治療がすんだあと、穴の大きさによって詰め物をしたり、かぶせ物をかぶせるこになります。

  • 歯の根っこにばい菌が入ってしまったムシ歯

    ここまで歯冠が崩壊しない場合でも、歯の根っこの中にばい菌が入ってしまうと、根の先端から顎の骨のほうにまで病変が及び顔が大きく腫れて 熱が出るようなケースもあります。
    歯の根っこの中にばい菌がはいいてしまったら、歯の根っこの内部まできれいに 掃除をする治療(根管治療)が必要になります。 根っこの治療がすんだあと、穴の大きさ、歯冠の崩壊の度合いによって詰め物をしたり、かぶせ物をかぶせるこになります。
    また、症状によっては歯を抜かざるを得ないケースもあります。