初期ムシ歯

初期の症状の現れていないムシ歯

「痛い」『しみる』など自覚症状がある場合ムシ歯はかなり進行しています。
多くの場合、歯を削って治療する必要があります。
しかし、ごく初期のムシ歯は自覚症状がありません。
「少し色が変」「歯の一部分が白くにごっている。」「黒っぽい」「筋がある」など、気になったらすぐに歯科医院に行くことをお勧めします。なぜなら…あなたの大切な歯を削らずにすむかもしれないからです。一般的に、ムシ歯の治療は悪くなった部分を削りとり、バイ菌のない状態にしたのち詰め物をしたり、かぶせものをすることになります。
しかし、ごく初期の小さなムシ歯だけは、条件が良ければ元に戻る可能性があります。
もしムシ歯だとしても最小限の処置ですみます。

元に戻るわけ

ムシ歯になってしまうメカニズム
ムシ歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌。ムシ歯は、この酸によって歯が溶かされる病気です。この細菌は、糖分が口の中に入ってくると、活発に働いて、歯垢を形成します。そして、歯垢の中で「酸」をつくります。歯垢の中で作られた酸は歯の表面を溶かします。酸によって歯が溶かされることを脱灰(だっかい)と言います。この状態が続いていくと歯に穴があきムシ歯になります。
一方、唾液の中の成分が歯に働きかけて、溶かされた歯の表面をもとのように修復しようとする働きもあります。この働きを再石灰化と呼んでいます。通常口の中では脱灰と再石灰化という現象が常に起こっています。脱灰の進むスピードが、再石灰化より早ければムシ歯が進行します。逆に、再石灰化のスピードが早ければ歯は健康な状態に戻ります。
つまり、初期のムシ歯の治療のポイントは脱灰を抑制し再石灰化を促進することです。

削らなくても済む条件

1 ごく小さな初期齲蝕であること

残念ながら、進行してしまったムシ歯は削って治療する必要があります。
たとえば、穴があくまで進行してしまったムシ歯は、「削って詰める」「削って被せる」などの治療する必要があります。

2 正しい歯磨きができること

ムシ歯になってしまったわけですから、いままでと同じやり方ではムシ歯は進行する可能性が高いと思います。ブラッシング指導を受けて正しい歯磨きの方法を身につける必要があります。

3 十分な唾液の量があること

唾液が、口腔内のPHを抑え、酸の働きを抑えて歯を守ります。 唾液の量が少ないとムシ歯になるリスクは高くなります。

4 正しい食生活

食事をすると、すぐに脱灰が始まります。 だらだら長時間食事をしたり、間食を頻繁に取ると、脱灰の時間が長くなりムシ歯になりやすくなります。

5 定期的に健診を受けること

ムシ歯はかなり進行しないと、症状が現れません。症状がなくとも経過を観察し、進行していないことを確認する必要があります。