中川区のざき歯科クリニック

ムシ歯治療

ムシ歯治療基本方針

のざき歯科のムシ歯治療基本方針は 「ムシ歯菌をしっかり除去する。」 「できるだけ歯を削らない。」 「できるだけ歯の神経を残す。」 「できるだけ痛みを少なく。」 です。 特に歯の寿命を延ばすため、歯の神経を残すことを重要視しています。

基本方針1 ムシ歯菌をしっかり除去する

ムシ歯は感染症です。 つまりばい菌によって起こる病気です。 削る必要のあるムシ歯の場合、菌をしっかり退治し、病巣を丁寧に除去します。

基本方針2 できる限り歯を削らない

のざき歯科クリニックでは、最新のムシ歯治療理論に基づき、病巣を除去するさい(削る時) できる限り削る量が少なくて済むように治療を進めています。
*削らなくてもよい、初期ムシ歯についてはこちらから⇒

ウ蝕検知液を使用

この薬品をムシ歯につけるとばい菌に侵された部分がピンクに染まります。 染まった部分だけを丁寧に慎重に削ります。

ムシ歯診断装置「ダイアグノデント」を使用。

ダイアグノデントはレーザー光線を使用したムシ歯診断装置です。 通常目で見る、レントゲン撮影、探針で触るなどの方法でムシ歯かどうかを判断します。 この機械を使用すると、ムシ歯の程度が数値で表示されますので、より正確なムシ歯の診断が可能です。

基本方針3 できる限り神経を残す方向で治療を進めます。

神経を取り去ってしまった歯は、枯れ木と同じ。とてももろくなってしまいます。
自分の歯がいちばん。できる限り長く歯を持たせるために、できるだけ神経を残す方向で治療をすすめます。

基本方針4 再発予防のため健診メインテナンスに力を入れています。

ムシ歯は生活習慣病であるともいえます。 歯磨きの方法、食事の取り方など生活習慣が変わらなければ、ムシ歯が再発する可能性は高いと考えられます。
歯磨きの方法の指導もしっかり行いますが、歯磨きだけではムシ歯の原因となるばい菌を完全に取り去ることはできません。
ムシ歯が再発しないよう、プロによる歯の清掃を中心とした定期的な健診をおすすめします。

のざき歯科クリニックの検診メニュー

フッ化物塗布。 PMTC(歯科衛生士による歯の清掃) など一人一人の患者さんの状況に応じた予防処置を行います。